なにわのおっさんのページ

2016 日ハムおめでとう!

おっちゃんのブログ

2016年9月28日の日ハムと西武の試合で日ハムの大谷投手が

 

先発完封して4年ぶりのリーグ優勝、それも最強軍団の

 

福岡ソフトバンクに競り勝っての優勝ですよね。

 

大谷選手の素質は今の日本球界では飛び抜けていますよね!

 

ピッチャーでも活躍!、バッターでも活躍!

 

こんな選手はいませんでいしたよね。

 

初めて見ましたよね。

 

皆さんも初めてですよね。

 

 

私の独断ですが、

 

ピッチャーのナンバーワンは金田正一投手

 

今は日本では大谷翔平投手

 

バッターではイチロー選手 

 

今は日本では大谷翔平選手!

 

日ハムの4年ぶりのリーグ優勝おめでとうございます。

 

広島カープとは初めてですよね!

 

阪神タイガース、フアンの私でもわくわくします。

 

スポンサーリンク


日本ハムファイターズ大谷投手と

 

阪神タイガースの藤浪投手の違い!

 

 

今日の大谷投手と私の大好きな阪神タイガースの

 

藤浪晋太郎投手の違いを、私なりに解説します。

 

今、現在の阪神タイガースと日本ハムファイターズ違いのお話ですよ。

 

監督の違い、栗山監督と金本監督

 

球団の能力の違い

 

選手層の違い

 

コーチ及びスタッフの違い

 

全部、阪神タイガースの負け。

 

タイガースに怒られそう・・・・・・?

 

怒ってくれたほうが! 強くなるかも・・・?

 

???マークばっかりで、スンマヘン。

 

 

 

 

 

日本ハムの栗山監督は素晴らしい!

 

 

 

私は、南海で活躍された野村克也捕手の

 

南海球団にテストを受けに京都の山奥の峰山町から

 

大阪府豊中市の親戚に泊まって、

 

南海ホークスの球団テストに

 

受けに来ているときを見ていた、

 

一人の傍観人です。

 

この方が、こんな日本球界の重鎮になられるとは想像できませんでした。

 

伊丹空港が当時アメリカ占領軍に撤収されており、

 

混血の黒い人は、よく見ましたが

 

日本人で、こんな黒い人初めて見ました。

 

その時は、ただビックリで、目だけがギラギラ!が印象的でした。

 

その後の活躍を見た時に、すごい努力をひたすらされた方と思っていました。

 

私の目にした、野村監督の練習法は

 

「天に向かってボールをひたすら、思い切り投げて

 

それを取りに行っている姿」

 

が今でも目に残っています。

 

相手がなかったからひたすら天に向かって投げるしか

 

練習方法はありませんよね。

 

これは頭の柔らかい発想の人しか浮かびませんよね。

 

 

栗山監督は野村克也監督をどう評価されているか、

 

知ろうと思いません。

 

何故かと申しますと、

 

野村克也監督は日本のプロ野球の中で

 

ナンバーワンの監督と思っています。

 

特に選手の再生工場と言われたように、

 

選手の能力を再活用させる目を持っておられたと思います。

 

ということは、素質あるる人を、

 

世の中に出さなければいけないという使命の持ち主ではないかと

 

思っています。

 

新聞社の方野村監督にうわべの話ではなく、より深い深い深掘りの話を

 

聞いてTVの放映をお願いします。

 

本は何冊も書かれていますが、映像でお願いします。

 

話がそれました、元に戻します!

 

 

 

 

金本監督と栗山監督

 

 

金本監督の指導者星野監督、悪くはない、ムード作り、精神論、

 

栗山監督の指導者野村監督 変人に見える、納得させる能力、長所を見極める能力

 

両監督がどう思っているかは、不明です。

 

球団の能力 阪神たまに優勝でOK、東京六大学のスター選手優先 

 

日ハム 個人の能力優先

 

 

選手層の違い 

 

阪神は選手層が薄いドラフト3位指名以降はエイ加減 

 

日ハムはいろいろ考えて選手を獲得している

 

 

コーチ 投手コーチ 

 

 

阪神 香田コーチ 

 

日ハムは吉井コーチ 格が違うしヤクルトのとき

 

野村監督と交流あり?

 

実際は知りませんが、大リーグ経験は大きいと考えます。

 

 

 

結論は大谷選手は良い指導者に恵まれ、

 

本人の努力と才能と綾(あや)を身に付けている。

 

一方の藤浪選手は甘やかされ、

 

大リーグに視線を向け肩を温存、そんなんで大リーグ

 

行っても通用しません。

 

大谷投手とほぼおなじ体格

 

もっともっと体を鍛えて、速い球を投げて

 

落ちるボールばかりで手抜きせず

 

速い球・落ちる球・OUTコース・インコース

 

そして160kmの速い球で高め目も投げて

 

頑張らんと・・・・・・?

 

日本の一流の選手を抑えてこそのメジーや。

 

大谷選手はスゴイの一言です。

 

ありがとう。

 

応援はどっちにするか難しい!

 

大谷選手やろな♪ 

 

スポンサーリンク