「桂垣」のお話


桂離宮 (トリップアドバイザー提供)

近年、川がよく暴れていますよね。

 

自然が相手の完璧な治水事業はありえないと思いますよね。

 

国・地方が一生懸命、税金をかけて公共事業と称して頑張ってきましたが、

豪雨による河川の氾濫や水害が起っていますよね。

 

でも先人達の、桂川沿いの「桂離宮」の対策は違いますよね。

 

建物を高床式にすることで浸水を免れるように対策していますよね!

 

又、生きた竹を折り曲げて使った独特の生垣

 

「桂垣」が濁流の土砂を除くフィルターの役割を果たしています。

 

防災を考ええているより、減災の知恵を使っていると思いますよね。

 

先祖代々から山の近くに住んでいる方の防災は、

この豪雨の対策では無理な様に思いますよね。

 

対策は、豪雨が降りそうと予想が出たら、危険な場所に先祖から

住んでいる方には、早期に避難する様に依頼し、減災になる様に

 

防災するのがベストで、なるべくなら、危険な場所から立ち退いて

貰って安全な場所に移り住んでもらい、

 

立ち退いた跡地には国・地方の公共団体が

買い取り、砂防ダムを造るのではなくコンテナを有効利用して

工場等あるいは災害住宅に使うコンテナハウスの置き場にするとか

 

役所の書類保管庫に使うとかして住民を危険地帯から立ち退いて

貰うような減災の知恵を考えてもらった方が良いのではないでしょうか?

 

自然に立ち向かうのは公共の工事は辞めにして貰って安全なところへの

移動してもらう政策に変えてほしいものですよね。

画像は「和みの庭」より

広島市内で豪雨で沢山の住宅が流されて山からの土砂で

 

押しつぶされいるのがTVでや新聞で報道されていましたよね!

 

これって、人災ですよね。

 

山のすそ野の自然をつぶして住宅地を開発して人を住ませる。

 

これだけ地球の環境破壊が進み天候も変わってきているのに・・・・

 

行政がいかに自然破壊に企業と推し進めていると思いませんか?

 

確かに1棟の家が売れると、家電・寝具・家具等、経済効果に寄与しますよね。

 

都市部でも空き家が多くあると聞きますよね。

 

 

山の裾野を削って住宅の開発は辞めにして

 

川の堤防の決壊は阻止していただかないとダメですが

 

自然を守って減災に対応していきたいものですね・・・・

 

 

「桂離宮」は京都市西部を流れる桂川の西岸、桂川大橋の袂にあります。

 

桂川に面する東側の「竹垣」は離宮内の竹薮の竹を根の

 

ついたまま押し曲げて緑の葉のある小枝を止めつけてあり 

 

昔の記録には「川端の笹垣」と記されているとか。

 

桂離宮のものを原型とする「竹垣」の形式。

 

横に使った竹穂を,縦に扱った割竹で間隔をおいて押さえる「竹塀」式のものと,

 

生きた竹を折り曲げてそのまま「垣」とするものとがある。

 

 

こういう先人の知恵を活かした対策も必要かもしれませんよね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク